ホーム地域包括支援センター
文字サイズ

糖尿病・腎センター
糖尿病・腎センターの構成メンバー
糖尿病・腎センターの専門外来
DMコントロール
腎センター
血液透析のしくみ
シャントについて
お申込方法
糖尿病・腎センターに関するお問い合わせ
糖尿病・腎センター

 佐野市民病院は、平成8年より透析センターをオープンし、人工透析を行っています。
  透析を必要とする患者さんの多くが糖尿病患者であるという現状を受け、平成20年2月に、「糖尿病・腎センター」と名称を変更し、糖尿病患者さん、腎臓病患者さんを包括的にフォローしています。
 安心して、地元で治療していただけるよう体制を整えています。


糖尿病・腎センターの構成メンバー

センター長:

医師 (統括長兼務)

医 師:

服部 良之 医師 (糖尿病専門) 非常勤

医 師

許 俊鋭 医師 (循環器科専門) 非常勤 

医 師

出口 順夫 医師 (血管外科専門) 非常勤

医 師

増田 寛次郎 医師 (眼科専門) 非常勤

医 師

今井 康久 医師 (眼科専門) 非常勤


糖尿病・腎臓病の専門外来  

<糖尿病外来>

○診療日1:毎週火曜日(午前)
医師 : 服部 良之 医師

○診療日2:毎週金曜日(午前・午後)
医師 : 服部 良之 医師

 糖尿病は、定期的に検査を受けて血糖のコントロールができているかどうかを、確かめることが大切です。血糖値は一度下がっても生活習慣が乱れるとまた上がってしまったり、放っておくと、知らず知らずのうちに合併症を発症することもあります。その人にあった治療法を見つけ、より効果的な血糖コントロールができるよう指導します。




<腎臓病外来>

○診療日1 : 毎週月曜日(午後)
医師: 医師


<血管外科外来>

○診療日: 水曜日(午前)、金曜日(午前)
医師: 出口 順夫 医師
医師: 東京大学医学部附属病院 血管外科

 当院では、血管外科にてシャントの造設やシャント管理のための専門医師が対応しています。
 またシャント閉塞防止のために、月1回 慈恵医大の放射線科准教授 貞岡医師 によるPTA(経皮的血管拡張術)を行っていて、シャントの管理も当院にて対応できます。
 安心して透析を受けていただける環境を整えています。

 当院の患者様だけでなく、他院からの患者様の受入れも行っています。


<眼科外来>

診療日:完全予約制
詳しくは、電話でお問合せください。
℡ 0283-62-5111(代表)

 白内障の原因の1つに糖尿病があります。  
 当院では、最新の手術器機により年間400件以上の白内障手術を行っています。



DM(糖尿病)コントロール入院

 糖尿病患者さんで、血糖が上がり過ぎた場合に、正常な血糖値の値に戻すために、食事で血糖をコントロールする入院を行います。
  入院期間は2週間で、その中でその人にあった治療法と今後の治療方針を決定します。

糖尿病コントロール入院

※あくまで、基本パターンです。個人によって異なる場合がございますので、ご了承ください。


腎センター(透析センター)

 正常な腎臓であれば、腎臓の働きによって体内で飲食・新陳代謝で発生した老廃物や水分などを尿によって体外に排泄する事ができます。 しかし、腎臓の働きが低下したり機能しなくなったときは、人工透析治療や腎移植を受けることになります。

透析通信 (2016年 夏号)
透析通信 (2015年 春号)
透析通信 (2014年 冬号)
透析通信 (2014年 秋号)
透析通信 (2014年 日本透析医学会特集号)
透析通信 (2014年 国際看護情報学会特集号)
透析室通信 (2014年 初夏号)
透析室通信 (2014年 冬号)
透析室通信 (2013年 秋号)
透析室通信 (2013年 夏号)
透析室通信 (2013年 春号)
透析室通信 (2013年 冬号)


血液透析とは

血液透析とは 体外で人工腎臓(ダイアライザー)を使って血液中にたまった老廃物を取り除き、水や電解質のバランスを整え、きれいになった血液をふたたび体に戻すことをいいます。
 透析を要する時間は、1回4~5時間、週3回が基本となります。


シャントについて  

 血液透析を行うには、比較的たくさんの血液(1分当たり250~300ml)をダイアライザーに送らなければなりません。このため、血流量の多い太い血管が必要となります。
 そこで、”内シャント”と呼ばれるものを作ります。

シャントについて


血液透析を受けるには

【 維持透析のご案内 】

当院で維持透析を希望される場合、地域医療連携室に直接または、電話にてご相談下さい。

TEL 0283-62-5111 (代表)    連携室内線 371

    0283-62-9024 (連携室直通)

(連携室 月曜日~金曜日:8:30~17:30、第1,3,5土曜日:8:30~12:30)
※祝日、年末年始を除く


【 臨時透析のご案内 】

当院で臨時透析を希望される場合、地域医療連携室に電話にてご相談ください。
遅くとも希望日の10日前までにお願いします。

予約完了後、臨時透析予定日の一週間前までに、現在通院されている施設から下記の書類を郵送またはFAXをお願いします。

・ 臨時透析依頼書(紹介状)
・ 透析記録(3回分)

FAX 0283-62-6323
住所 〒327-0317 栃木県佐野市田沼町1832番地1


【 透析当日 】

*受付窓口に提出していただくもの

 1) 健康保険証
 2) 身体障害者手帳
 3) 重度心身障害者医療受給資格証
 4) 特定疾患療養受領証

* 上記以外に持参していただくもの

・ 透析室室内用スリッパ、ティシュペーパー、タオル、バスタオル
 ・・・着替えをされる方はパジャマやTシャツ等の身軽なものを持参されても結構です。
・ 透析終了時、止血バンドを使用している方は持参して下さい。

※空きベッドの状況によっては、希望日時などご希望に添えない状況がございます。


【 料金のお支払 】

透析最終日に3番の会計窓口にてお支払いをお願いします。


糖尿病・腎センターに関するお問い合わせ

糖尿病や腎機能に関する相談窓口として「地域連携室」を設置しています。
何か気になることがございましたら、いつでもご利用ください。

地域医療連携室

電話 0283(62)9024
月曜日~金曜日:8:30~17:30
第1,3,5土曜日:8:30~12:30
(祝日、年末年始を除く)


佐野市民病院:
〒327-0317栃木県佐野市田沼町1832番地1
電話 (0283) 62-5111 代表 / FAX (0283) 62-0811